ハッカ油で作る虫除けスプレーは最強なのか!?作り方や効果をご紹介!

ども、福岡の低山をこよなく愛している芦刈です。
夏の季節に登山をすると問題なのが「虫」です。
顔面にひたすらアタックしてくる虫や、しつこく人の周りを何周もぐるぐると狙ってくるアブ。
せっかく楽しく登山しているのに超イライラします。

良い虫除けスプレーがないか調べていたところ、ハッカ油で簡単に自作できるという情報を聞いたので作ってみました。
それではハッカ油虫除けスプレーの作り方を見ていきましょう!

虫除けスプレーの材料を揃えよう

材料はこちらです!

準備するのはこの3つの材料です。

  • 精製水(90ml)
  • 消毒用エタノール(10ml)
  • ハッカ油(20〜40滴)

すべて薬局で揃えることができますが、もしかするとAmazonのほうが安いかもしれません。

今回は消毒用エタノールを使用していますが、普通のエタノールや無水エタノールに変えても問題ございません。
各エタノールの違いはアルコール度数です。

  • 無水エタノール(99 v/v%)
  • エタノール(95 v/v%)
  • 消毒用エタノール(約80 v/v%)

アルコールの刺激に弱い方は消毒用エタノールにすることをおすすめします。

虫除けスプレーのボトルも準備しておこう

調合する前に準備するのが、スプレーボトルです。

このスプレーボトルは100均(ダイソー)で購入することができます。
容量は100mlくらいで、ポケットに入るサイズなので便利。
では材料を入れていきます。

虫除けスプレーの材料を調合する

もう一度材料を確認して調合していきます。

  • 精製水(90ml)
  • 消毒用エタノール(10ml)
  • ハッカ油(20〜40滴)

精製水をいれます。

次に消毒用エタノールをいれます。

最後にハッカ油をいれます。

そして材料を混ぜるためにスプレーボトルを振って完成!

スプレーして匂いを嗅いでみてください!
ミントのスーッとした心地よい香りがします。

登山でハッカ油スプレーの効果は?

先日登山に行ったときに使用してみました。
山に入ると、さっそく顔面に群がってくる虫に遭遇したので、被っていた帽子にスプレーをしました。
すると、さっきまで顔面にいた虫はいなくなりましたが、1時間くらいするとまた顔面に集まってきます。

どうやらハッカの匂いがなくなると効果が切れるようなので、1時間に1回はスプレーをする必要があるようです。
またこのスプレーを作ってしばらく放置すると、ハッカの匂いは薄れてきますので、作成して1週間以内には使い切ったほうがよさそうです。

まとめ

今回は山での効果について試しましたが、私達の私生活でお世話になっている「ゴキブリ・蚊・ダニ」にも効果があるようです。
虫除けで使用する以外にも利点があり、ミントの香りでリラックス効果、消臭効果、殺菌作用まで。幅広く使用することができそうです。
今年の夏にハッカ油スプレーを作ってみてはいかがでしょうか。